和歌山県

どうなるくじらの町
クジラやイルカと触れ合いながら、伝統的な捕鯨の未来を考えたい
九度山は和歌山県
今話題の真田幸村の拠点は信州だけじゃなかった。
熊野古道でパワーチャージ
何度でも行ってみたくなる魅力は、どこからやってくるのだろう

県庁所在地

〒640-8585
和歌山市小松原通一丁目1番地

»和歌山県庁HPへ

気候

県北部と南部では温度差があるが、黒潮の影響を受けて一般に温暖で雨量も多く、太平洋型気候。
全国的にみても四季の温度の変化は少なく、年平均気温は和歌山で16.1℃、 潮岬で16.8℃となっています。水資源に恵まれ、植物の育成に適しています。特に日照時間の長い県南部地方は、冬に暖かく、夏は比較的涼しい気候。降水量は一般に冬少なく、夏多い型で、県北部の紀の川沿岸では、年間降水量1,500mm以下の少雨地域となっています。しかし県下の3分の2が2,000mm以上の多雨地域に入っており、南部山岳部と南斜面にある那智勝浦町は、全国でもきわめて降水量の多い地域の一つ。

特産

有田みかん、南高梅、はっさく、柿、マグロ、カツオ、鱧、杉、桧、柿の葉寿司、備長炭

観光

熊野三山、高野山、南紀白浜、勝浦温泉、和歌山マリーナシティ、アドベンチャーワールド、和歌山城、友ヶ島、くじら浜公園

市区町村一覧