神奈川県

やっぱり箱根っていいね~
いつもの電車を反対方向に乗って、ふらっと温泉に行ける幸せ
悠久の古都 鎌倉
世界遺産登録を目指している鎌倉。その価値は訪れた人みんなが感じることが出来ます。
野球が好き。横浜が好き。
オリンピックで野球の決勝トーナメント、横浜で観戦できるかも。

県庁所在地

〒060-8588
横浜市中区日本大通1

»神奈川県庁HPへ

ルートを検索

気候

太平洋側気候(但し相模原市のうち旧相模湖町・旧藤野町・旧津久井町地域は中央高地式気候)で太平洋側に位置するため、温暖で冬日にはほとんどならず、冬のあり、また雨量が多い。
京浜地区は、ヒートアイランドの影響を非常に強く受け、最低気温は同じ横浜市内でも内陸部とは大きな差がある。夏は暑く、熱帯夜が非常に多い。また、気温が高いために南岸低気圧による積雪も内陸よりは少ない。
湘南・三浦半島は、海洋性の気候で温暖。霜が降りることも少ない。夏も酷暑とはならずに、1年を通して温暖・温和な気候となっている。三浦半島南端の三浦市は年間降水量が県内で最も少ない。
多摩丘陵・内陸平野部は、多摩地域とほぼ同じ気候で、冬は寒く冬日の数もかなり多い。しばしば南岸低気圧による大雪があり、30~40cm前後の積雪を記録する事も。夏は日中かなり暑くなり猛暑日も多い。
西湘の平野部は冬季は南岸低気圧が通過する時、暖気を巻き込み雨や霙となる場合が多く、ほとんど積雪とはならない。晴れた朝は冷え込み冬日の数は多い。また、夏は比較的過ごしやすい。年間降水量も東部よりも多い。
相模山間部は内陸性気候で、寒さは厳しい。夏は冷涼で避暑地となる。冬季の南岸低気圧により箱根や丹沢などの山地ではかなり積雪する。また、箱根火山付近の西部山岳地帯は年間降水量が県内最多の多雨地帯となり、東部に向かって年間降水量が減る傾向にある。

特産

首都圏向け野菜、牛乳、豚肉、花卉、ナシ、みかん、ワイン、足柄茶、マグロ、しらす、鎌倉彫、寄木細工、

観光

箱根、丹沢大山、温泉、小田原城、みなとみらい、中華街、赤レンガ倉庫、山下公園、鎌倉、江の島

市区町村一覧